歴史書てけとー翻訳

漢文の歴史書を我流で適当に翻訳。
あくまでもテキトーなのでそこんトコよろしく。
更新は不定期です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 【日本書紀】卷第一 神代 その2 | main | 【日本書紀】卷第一 神代 その4 >>

【日本書紀】卷第一 神代 その3

 伊奘諾尊・伊奘冉尊、立於天浮橋之上、共計曰、底下豈無國歟、廼以天之瓊、瓊玉也。此云努。矛、指下而探之。是獲滄溟。其矛鋒滴瀝之潮、凝成一嶋。名之曰磤馭慮嶋。二神、於是、降居彼嶋、因欲共爲夫婦、産生洲國。便以磤馭慮嶋、爲國中之柱。柱此云美簸旨邏。而陽神左旋、陰神右旋。分巡國柱、同會一面。時陰神先唱曰、憙哉、遇可美少男焉。少男、此云烏等孤。 陽神不悦曰、吾是男子、理當先唱、如何婦人反先言乎。事既不祥。宣以改旋。於是、二神却更相遇。是行也、陽神先唱曰、憙哉、遇可美少女焉。少女、此云烏等廖 因問陰神曰、汝身有何成耶。對曰、吾身有一雌元之處。陽神曰、吾身亦有雄元之處。思欲以吾身元處、合汝身之元處。於是、陰陽始遘合爲夫婦。及至産時、先以淡路洲爲胞。意所不快。故名之曰淡路州。廼生大日本、日本此云耶麻騰。下皆效此。豐秋津洲。次生伊豫二名洲。次生筑紫洲。次雙生億岐洲與佐度洲。世人或有雙生者、象此也。次生越洲。次生大洲。次生吉備子洲。由是、始起大八洲國之號焉。即對馬嶋、壹岐嶋、及處處小嶋、皆是潮沫凝成者矣。亦曰水沫凝而成也。

 一書曰、天神謂伊奘諾尊・伊奘冉尊曰、有豐葦原千五百秋瑞穂之地。宜汝往脩之、廼賜天瓊戈。於是、二神立於天上浮橋、投戈求地。因畫滄海、而引擧之、即戈鋒垂落之潮、結而爲嶋。名曰磤馭慮嶋。二神降居彼嶋、化作八尋之殿。又化竪天柱。陽神問陰神曰、汝身有何成耶。對曰、吾身具成而、有稱陰元者一處。陽神曰、吾身亦具成而、有稱陽元者一處。思欲以吾身陽元、合汝身之陰元、云爾。即將巡天柱、約束曰、妹自左巡。吾當右巡。既而分巡相遇。陰神乃先唱曰、妍哉、可愛少男歟。陽神後和之曰、妍哉、可愛少女歟。遂爲夫婦、先生蛭兒。便載葦船而流之。次生淡洲。此亦不以充兒數。故還復上詣於天、具奏其状。時天神、以太占而卜合之。乃教曰、婦人之辭、其已先揚乎。宜更還去。乃卜定時日而降之。故二神、改復巡柱。陽神自左、陰神自右、既遇之時、陽神先唱曰、妍哉、可愛少女歟。陰神後和之曰、妍哉、可愛少男歟。然後、同宮共住而生兒。號大日本豐秋津洲。次淡路洲。次伊豫二名洲。次筑紫洲。次億岐三子洲。次佐度洲。次越洲。次吉備子洲。由此謂之大八洲國矣。瑞、此云彌圖。妍哉、此云阿那而惠夜。可愛、此云哀。太占、此云布刀麿爾。
 一書曰、伊奘諾尊・伊奘冉尊、二神、立于天霧之中曰、吾欲得國、乃以天瓊矛、指垂而探之、得磤馭慮嶋。則抜矛而喜之曰、善乎、國之在矣。
 一書曰、伊奘諾・伊奘冉、二神、坐于高天原曰、當有國耶、乃以天瓊矛、畫成磤馭慮嶋。
 一書曰、伊奘諾・伊奘冉、二神、相謂曰、有物若浮膏。其中蓋有國乎、乃以天瓊矛、探成一嶋。名曰磤馭慮嶋。
 一書曰、陰神先唱曰、美哉、善少男。時以陰神先言故、爲不祥、更復改巡。則陽神先唱曰、美哉、善少女。遂將合交。而不知其術。時有鶺鴒、飛來搖其首尾。二神見而學之、即得交道。
 一書曰、二神合爲夫婦、先以淡路洲・淡洲爲胞、生大日本豐秋津洲。次伊豫洲。次筑紫洲。次雙生億岐洲與佐度洲。次越洲。次大洲。次子洲。
 一書曰、先生淡路洲。次大日本豐秋津洲。次伊豫二名洲。次億岐洲。次佐度洲。次筑紫洲。次壹岐洲。次對馬洲。
 一書曰、以磤馭慮嶋爲胞、生淡路洲。次大日本豐秋津洲。次伊豫二名洲。次筑紫洲。次吉備子洲。次雙生億岐洲與佐度洲。次越洲。
 一書曰、以淡路洲爲胞、生大日本豐秋津洲。次淡洲。次伊豫二名洲。次億岐三子洲。次佐度洲。次筑紫洲。次吉備子洲。次大洲。
 一書曰、陰神先唱曰、妍哉、可愛少男乎。便握陽神之手、遂爲夫婦、生淡路洲。次蛭兒。



伊奘諾尊と伊奘冉尊は天浮橋の上に立って相談し、その後「どうして国が無いのか」と言って、天之瓊【アメノヌボコ】でかき回した(瓊は玉であり、努【ム】と読む)。矛はかき探し青い海が出来た。その矛から滴り落ちた滴が固まり、一つの島が出来た。その島は磤馭慮嶋【オノゴロシマ】と言う。二神はかの島に住み、夫婦の営みを行い、島国を生む事を欲した。すなわち、磤馭慮嶋を国の中心の柱とした(柱は美簸旨邏【ミハシラ】と読む)。陽神(伊奘諾尊)は左に回り、陰神(伊奘冉尊)は右に回った。分かれて国柱を廻り、再び会った。その時、陰神は先に言った。「うれしい事に美しい男の人と出会った」(少男とは烏等孤【オトコ】と読む)。 陽神は喜ばず「私は男子で、先に言うのが当然の理、なぜ婦人が先に言うのか」と言った。そして再び廻り、二神は再び会い見えた。そして陽神が先に「うれしい事に、美しい少女と出会った」と言った(少女は烏等廖撻トメ】と読む)。陽神は陰神に「汝の身のそこは何か」と問うた。陰神は「我が身の雌を為す所」と答えた。陽神は「我が身にもまた雄を為す所がある、汝の所と合わそう」と言った。そして二神は夫婦の契りを交わした。産む時に至るに及びて、先ず淡路洲【アハヂノシマ】をもちて胞と爲す。みこころに快ばざる所なり。名づけて淡路洲【アハヂノシマ】と曰う。すなわち大日本豐秋津洲【オホヤマトトヨアキツシマ】(日本は耶麻騰【ヤマト】と読む。以下、それに倣え)。次に生まれたのが伊豫二名洲【イヨフタナノシマ】。次に生まれたのが筑紫洲【ツクシノシマ】。次に双子の億岐洲【オキノシマ】と佐度洲【サドノシマ】。世人或有雙生者、象此也。次に生まれたのが越洲【コシノシマ】。次に生まれたのが大洲【オホシマ】。次に生まれたのが吉備子洲【キビノコジマ】。これが大八洲國【オホヤシマノクニ】の始まりである。すなわち對馬嶋【ツシマ】、壹岐嶋【イキノシマ】、及び所々の小嶋、はすべて泡が固まったもの、あるいは水沫の固まったものである。

 ある書曰く、天神、伊奘諾尊・伊奘冉尊に曰く、豐葦原千五百秋瑞穂【トヨアシハラチイホアキミズホ】の国がある。汝が行って治めよ、と天之瓊【アメノヌボコ】を賜った。そして二神は天上浮橋【アメノウキハシ】に立ち、国を求めて戈を差し入れた。そして滄海【アホウナバラ】をかき回し、その戈から滴り落ちた潮が固まり島となった。これを磤馭慮嶋【オノゴロジマ】と言う。二神はその島に降りて住まい、八尋之殿【ヤヒロノトノ】を作った。また、天柱【アメノミハシラ】を立てた。陽神は陰神に「汝の身のそこは何か」と尋ねた。「わが身にあるのは陰を為す所」と答えた。陽神は「自分の身にもまた、そういう所がある。陽を為す所だ。私の陽と汝の陰を合わせたいと思う」と言った。そして、伊奘冉尊が左、伊奘諾尊が右に天柱を廻る約束をし、巡り合った。伊奘冉尊が先に「嬉しい事に美しい男と会った」と言った。後で伊奘諾尊が「嬉しい事に美しい乙女と会った」と言った。そして夫婦となり、蛭兒【ヒルコ】を生んだが葦船に載せて流した。次に淡洲【アハノシマ】を生んだ。これはまた子の数に入れない。そのため、天に詣り、お伺いを立てた。天神は太占【フトマニ】を持って占った。そして「婦人ではなく、己から先に呼ぶべし」と教えた。そして二神は再び柱を廻った。伊奘諾尊が左、伊奘冉尊が右を廻り、巡り合った時、陽神が先に「嬉しい事に美しい乙女と会った」と言った。後で陰神が「嬉しい事に美しい男と会った」と言った。しかる後に、住まいと共にし、子を設けた。大日本豐秋津洲【オホヤマトトヨアキツシマ】と言う。次に淡路洲【アハジノシマ】。次に伊豫二名洲【イヨフタナノシマ】。次に筑紫洲【ツクシノシマ】。次に億岐三子洲【オキノミツゴノシマ】。次に佐度洲【サドノシマ】。次に越洲【コシノシマ】。次に吉備子洲【キビコノシマ】。いわゆる大八洲國【オホヤシマノクニ】。(瑞は彌圖【ミズ】と読む。妍哉は阿那而惠夜【アナニエヤ】と読む。可愛は哀【エ】と読む。太占は布刀麿爾【フトマニ】と読む)
 ある書曰く、伊奘諾尊・伊奘冉尊の二神は、天霧【アメノサギリ】の中に立って「国が欲しい」と言った。そして天瓊矛持って指し下ろして探り、磤馭慮嶋を得た。矛を抜き喜んで言った。「よかった、国があった」
 ある書曰く、伊奘諾・伊奘冉の二神は、高天原【タカアマハラ】に座って「国は無いのか」と言って天瓊矛を持って磤馭慮嶋を作った。
 ある書曰く、伊奘諾・伊奘冉の二神はお互いに、膏のごとく浮いてる物がある。その中に国はないのか」と言い、天瓊矛を持って一つの島を探り当てた。磤馭慮嶋と言う。
 ある書曰く、陰神が先に「美哉、善少男」と言った。先に陰神がいう事は不祥なので、もう一度廻った。そして陽神が先に「美哉、善少女」と言い、夫婦の契りを交わした。だがやり方がわからなかった。その時鶺鴒【ニハクナブリ】が飛んできてその首を揺すった。二神はそれを見て倣い、すぐに交わった。
 ある書曰く、二神は夫婦の営みをなし、淡路洲・淡洲を胞となした。そして大日本豐秋津洲が生まれた。次に伊豫洲。次に筑紫洲。次に双子の億岐洲と佐度洲。次に越洲。次に大洲【オホシマ】。次に子洲【コシマ】。
 ある書曰く、先に生まれたのは淡路洲。次に大日本豐秋津洲。次に伊豫二名洲。次に億岐洲。次に佐度洲。次に筑紫洲。次に壹岐洲。次に對馬洲。
 ある書曰く、磤馭慮嶋を胞となし、淡路洲が生まれた。次に大日本豐秋津洲。次に伊豫二名洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲。次に双子の億岐洲と佐度洲。次に越洲。
 ある書曰く、淡路洲を胞となし、大日本豐秋津洲が生まれた。次に淡洲。次に伊豫二名洲。次に億岐三子洲。次に佐度洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲。次に大洲。
 ある書曰く、陰神が先に「妍哉、可愛少男乎」と言って、陽神の手を取り、夫婦となる。生まれたのが淡路洲。次に蛭兒である。
[日本]日本書紀 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする