歴史書てけとー翻訳

漢文の歴史書を我流で適当に翻訳。
あくまでもテキトーなのでそこんトコよろしく。
更新は不定期です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 【日本書紀】卷第一 神代 その1 | main | 【日本書紀】卷第一 神代 その3 >>

【日本書紀】卷第一 神代 その2

 次有神。埿土煮尊埿土、此云于毘尼。 沙土煮尊。沙土、此云須毘尼。亦曰埿土根尊・沙土根尊。 次有神。大戸之道尊。一云、大戸之邊。 大苫邊尊。亦曰、大戸摩彦尊・大戸摩姫尊。亦曰大富道尊・大富邊尊。 次有神。面足尊・惶根尊。亦曰吾屋惶根尊。亦曰忌橿城尊。亦曰青橿城根尊。亦曰吾屋橿城尊。 次有神。伊奘諾尊・伊奘冉尊。
 一書曰、此二神、青橿城根尊之子也。
 一書曰、國常立尊生天鏡尊生天萬尊。天萬尊生沫蕩尊。沫蕩尊生伊奘諾尊。沫蕩、此云阿和那伎。
 凡八神矣。乾坤之道、相參而化。所以、成此男女。自國常立尊、迄伊奘諾尊・伊奘冉尊、是謂神世七代者矣。
 一書曰、男女[禾禺]生之神、先有埿土煮尊・沙土煮尊。次有角樴尊・活樴尊。次有面足尊・惶根尊。次有伊奘諾尊・伊奘冉尊。樴橛也。




 次の神。埿土煮尊埿土【ウヒヂニノミコト】(埿土は于毘尼【ウヒジ】と読む)。 沙土煮尊【スヒヂニノミコト】(沙土は須毘尼【スヒジニ】と読む。また埿土根尊【ウヒジネノミコト】・沙土根尊【スヒヂネノミコト】と言う。 次の神。大戸之道尊【オホトノヂノミコト】あるいは大戸之邊【オホトノベ】と大苫邊尊【オホトマベノミコト】。またの名を大戸摩彦尊【オホトマヒコノミコト】・大戸摩姫尊【オホトマヒメノミコト】。またの名を大富道尊【オホトマヂノミコト】・大富邊尊【オホトマベノミコト】。 次の神は面足尊【オモタルノミコト】・惶根尊【カシネノミコト】。またの名は吾屋惶根尊【アヤカシコネノミコト】。または忌橿城尊【イムカシキノミコト】。または青橿城根尊【アヲカシキネノミコト】。または吾屋橿城尊【アヤカシキノミコト】。次の神は伊奘諾尊【イザナギノミコト】・伊奘冉尊【イザナミノミコト】。
 ある書曰く、この2神は青橿城根尊【アヲカシキネノミコト】の子である。
 ある書曰く、國常立尊【クニトコタチノミコト】は天鏡尊【アメノカガミノミコト】を生み、天鏡尊【アメノカガミノミコト】は天萬尊【アメノヨロズノミコト】を生んだ。天萬尊【アメノヨロズノミコト】は沫蕩尊【アワナギノミコト】を生む。沫蕩尊【アワナギノミコト】は伊奘諾尊【イザナギノミコト】を生む(沫蕩は阿和那伎【アワナギ】と読む)。
 一般に8神である。乾坤の道、互いに交じり合い男女となる。國常立尊【クニトコタチノミコト】から伊奘諾尊【イザナギノミコト】・伊奘冉尊【イザナミノミコト】までをいわゆる神世七代神と言う。
 ある書曰く、男女の性を持つ神、まず埿土煮尊【ウヒヂニノミコト】・沙土煮尊【スヒヂニノミコト】がいた。次に角樴尊【ツノクヒノミコト】・活樴尊【イククヒノミコト】。次に面足尊【オモダルノミコト】・惶根尊【カシコネノミコト】。次に伊奘諾尊【イザナギノミコト】・伊奘冉尊【イザナミノミコト】。(樴は橛【クヒ/短い杭】である)

[日本]日本書紀 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする