歴史書てけとー翻訳

漢文の歴史書を我流で適当に翻訳。
あくまでもテキトーなのでそこんトコよろしく。
更新は不定期です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
| main | 【日本書紀】卷第一 神代 その2 >>

【日本書紀】卷第一 神代 その1

 古天地未剖、陰陽不分、混沌如雞子、溟篌含芽。及其清陽者、薄靡而為天、重濁者、淹滯而為地、精妙之合專易、重濁之凝竭難。故天先成而地後定、然後神聖生其中焉。
 故曰、開闢之初、洲壤浮漂、譬猶游魚之浮水上也。
 于時天地之中生一物、状如葦芽、便化為神、號國常立尊。至貴曰尊、自餘曰命、並訓美擧等也。下皆倣此。次、國狹槌尊。次、豐斟渟尊,凡三神矣。乾道獨化、所以成此純男。

 一書曰、天地初判、一物在於虚中。状貌難言。其中自有化生之神。號國常立尊。亦曰國底立尊。次國狹槌尊。亦曰國狹立尊。次豐國主尊。亦曰豐組野尊。亦曰豐香節野尊。亦曰浮經野豐買尊。亦曰豐國野尊。亦曰豐齧野尊。亦曰葉木國野尊。亦曰見野尊。
 一書曰、古國稚地稚之時、譬猶浮膏而漂蕩。于時、國中生物。状如葦牙之抽出也。因此有化生之神。號可美葦牙彦舅尊。次國常立尊。次國狹槌尊。葉木國、此云播擧矩爾。可美、此云于麻時。
 一書曰、天地混成之時、始有神人焉。號可美葦牙彦舅尊。次國底立尊。彦舅、此云比古尼。
 一書曰、天地初判、始有倶生之神。號國常立尊。次國狹槌尊。又曰、高天原所生神名、曰天御中主尊。次高皇産靈尊。次神皇産靈尊。皇産靈、此云美武須毘。
 一書曰、天地未生之時、譬猶海上浮雲無所根係。其中生一物。如葦牙之初生埿中也。便化爲人。號國常立尊。
 一書曰、天地初判、有物。若葦牙、生於空中。因此化神、號天常立尊。次可美葦牙彦舅尊。又有物。若浮膏、生於空中。因此化神、號國常立尊。




 昔、天地は未だ分かれておらず、陰陽の区別も無かった頃、ニワトリの卵のような混沌の中に何か芽生えた。その清らかな明るい者、薄い幕をもって天と為し、重濁した者は滞って地となる。清らかな明るい者は簡単に合ったが、重濁した者は簡単には固まらなかった。故に天が先に出来、其の後に地が出来ることになった。
 かつてこういわれていた。開闢の時、島は浮き漂い、魚が水上に浮いているようなものだった。
 時に天地の中に葦芽のような物が現れた。それは神になり、国常立尊【クニトコタチノミコト】となった。(貴い者を「尊」、そのほかを「命」、ともにミコトと読む。以下それに倣う)次に國狹槌尊【クニサツチノミコト】、豐斟渟尊【トヨクムヌノミコト】が生まれ三神となる。独りで生まれ、独りで成られたので純粋な男性神である。

 ある書曰く、初めて天地が分かれた時、虚の中にある物が存在した。その形状は説明し難い。その中に神が生まれた。名を國常立尊【クニトコタチノミコト】、またの名を國底立尊【クニノソコタチノミコト】と言う。次に生まれたのは國狹槌尊【クニサツチノミコト】、またの名を國狹立尊【クニノサタチノミコト】と言う。次に生まれたのは豐國主尊【トヨクニヌシノミコト】、またの名を豐組野尊【トヨクムノノミコト】、豐香節野尊【トヨカブノノミコト】、浮經野豐買尊【ウカブノノトヨカフノミコト】、豐國野尊【トヨクニノノミコト】、豐齧野尊【トヨカブノノミコト】、葉木國野尊【ハコクニノノミコト】、見野尊【ミノノミコト】と言う。
 ある書曰く、国が若く地も若かった時、膏のような物が漂っていた。時にその國の中に生物が現れた。その生物は葦牙のような形をしており、それは神になった。名を可美葦牙彦舅尊【ウマシアシカビヒコヂノミコト】と言う。次に國常立尊【クニトコタチノミコト】が生まれた。次に國狹槌尊【クニサツチノミコト】。(葉木國は播擧矩爾【ハコクニ】と言い、可美は于麻時【ウマシ】と言う)
 ある書曰く、天地が混濁していた時、神が現れた。名を可美葦牙彦舅尊【ウマシアシカビヒコヂノミコト】と言う。次に國底立尊【クニトコタチノミコト】。(彦舅は比古尼【ヒコヂ】と読む)
 ある書曰く、初めて天地が分かれた時、神が生まれた。名を國常立尊【クニトコタチノミコト】と言う。國狹槌尊【クニサツチノミコト】。また、高天原の地で生まれた神を天御中主尊【アメノミナカヌシノミコト】と言う。次に高皇産靈尊【タカミムスヒノミコト】、次に神皇産靈尊【カムミスヒノミコト】。(皇産靈は美武須毘【ミムスヒ】と読む)
 ある書曰く、天地が生まれていなかった時、海上に浮かぶ雲のようなものだった。その中に一つの生物が生まれた。葦牙のようなものが始めて生まれた。それは人の形になった。名を國常立尊【クニトコタチノミコト】と言う。
 ある書曰く、初めて天地が分かれた時、物があった。若い葦牙で空中を漂っていた。それは神になった。名を天常立尊【アメノトコタチノミコト】と言う。次に生まれた神は可美葦牙彦舅尊【ウマシアシカビヒコヂノミコト】と言う。また膏のような物が浮いていてそれは神になり、國常立尊【クニトコタチノミコト】となった。
[日本]日本書紀 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする